沿革

昭和19年9月 創業。航空機電装部品及び廃油濾過機の製造を開始。
昭和20年8月 打抜スクリーンの製造に着手し粉砕機・化学工業用に販路を開拓。以後打抜スクリーンの製造・販売を主業務とする。
昭和28年4月 自社設計製作に依る広幅高速打抜機を完成。砂糖分蜜等の大型遠心分離機用打抜スクリーンを製造し、国内外の砂糖工場、その他へ販路を拡大。
昭和31年4月 ラジオ・テレビの真空管シールド用、極小孔ラスメタルを製造する特殊ラスメタルマシーンを自社設計製作により完成。続いてトランジスターラジオ等のスピーカーネット用打抜スクリーンの製造も開始し、弱電・電子機器業界へも新たな販路を開拓。
昭和35年 自動連続遠心分離機用の特殊スクリーンの開発研究に着手し、自社設計製作による特殊プレスを完成。これを機に従来の打抜スクリーンの常識を破った板厚の1/10~1/20の長孔及び三角孔の製品開発に成功し、各産業界の要求に応じ得る様になる。
昭和41年1月 中小企業庁より合理化モデル工場の指定を受け、以後平成8年4月制度終了迄継続して指定を受ける。
中小企業庁指定 合理化モデル工場
昭和57年4月 東京営業所を港区赤坂より新宿区新宿1-2-1 新宿御苑前に移転。
昭和57年9月 生産能力増強と生産効率の向上を図る為、明石市二見町に新工場(第一期分)を建設し、併せて広幅高速プレス(200ton)を導入し生産開始。
昭和57年9月 資本金を10,000,000円に増資。
昭和59年9月 二見工場増設工事(第ニ期分)が完成し製造部門の統合を開始。
昭和60年6月 集塵用スクリーン(パイロスクリーン)ドイツ特許を取得。
PAT No.3521880
昭和60年9月 二見工場事務所、倉庫棟(第三期分)が完成し、すでに完了している第一期、第ニ期分を含め全計画が完了、本格的生産を開始。
昭和61年5月 品質向上を図るため、1250mm幅フィニッシュレベラーと2550mm幅ワイドレベラーを導入。
昭和62年6月 金型製作の品質、精度の向上を図るため、ワイド形マシニングセンターを導入。
平成元年1月 資本金を15,000,000円に増資。
平成元年10月 生産能力増強と生産効率の向上を図るため、本社社屋完成、併せてNCニ軸同時制御特殊プレスを導入し生産を開始。
平成2年7月 コンピュータによる生産管理システムを導入。
平成3年6月 集塵用スクリーン(パイロスクリーン)の日本国内特許を取得。
PAT No.1607214
平成5年1月 第26回社団法人中小企業研究センター賞を受賞。
表彰状
平成5年5月 精密金型製作の精度と生産性の向上を図るため、高精度ワイヤ放電加工機と超高速細穴放電加工機を導入。
平成7年9月 型彫用放電加工機を増設。
平成8年4月 中小企業庁より合理化モデル工場として長年、経営合理化の推進に寄与した実績を認められ感謝状を受ける。
平成9年9月 スクリーンの強度を重視したマイナス孔スクリーンの生産を開始。
平成12年5月 IT関連ユーザー向、小孔ラスメタルの生産能力増強のため、ラスメタルマシーンを増設し生産を開始。
平成13年8月 “振動用多機能スクリーンプレート”特許を取得。
PAT No.3050410
平成17年4月 NCロールフィーダー付高速パンチングプレス(100ton)を新設。
平成18年4月 経済産業省中小企業庁主催の、『明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社』に選定される。
平成18年6月 二次加工の精度向上を図るため、プレスブレーキ(60ton)を導入。
平成20年12月 生産管理・販売管理システムを更新。
平成25年5月 品質ISO規格「ISO9001」認証取得。
平成25年11月 超精密金型製作の精度と生産性向上を図るため、最新式細孔放電加工機を導入。
平成27年3月 本社工場の拡充と生産効率向上を図るため、本社南側に新工場を増築。
平成27年3月 二次加工の守備範囲拡大を図るため、大型レーザー加工機を導入。
平成27年7月 二次加工用生産設備(レーザー加工機、ベンディングロールetc.)の拡充を目的として本社第二工場を建設。
平成27年9月 東京営業所を拡充し、従来と同じ新宿区内に移転。
平成28年11月 生産能力増強を図るため、本社工場にラスメタル加工機を増設。
平成29年4月 生産能力増強を図るため、二見工場に広幅高速プレス(300ton)を増設。